グルメ★高槻

ガッツリビストロdeくいだおれ@ジャンジャンブル【その2】

さて、 メインの料理と旬の食材を堪能しました。

five佐賀牛の「ラム芯」(モモの部分)のステーキ&マッシュポテト

             flair 800g(9人分)flair
          ベルトを緩める人続出していました。

ラム芯ステーキ2

mapleラム芯の特徴maple∴・∴・∴・∴・∴・∴・

モモ肉の中央あたりの部位
・ヘレより歯ごたえがある
・リーズナブル

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

予算に合わせて、シェフがセレクトして下さいました。

佐賀牛のステーキの下は、
さつまいも(パープルスイートローズ@千葉産)かぼちゃマッシュポテトでした。

この為、下の写真のように、オレンジと紫の2色使いになっています。
マッシュポテトだけでも、スイーツを食べているような味わいでした。

mapleパープルスイートローズの特徴maple∴・∴・∴・

・皮を剥いたら、芋の部分が紫色
・さつまいもの中で、スイーツ作りに最適な品種

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

Photo_18

そのマッシュポテトを佐賀牛のステーキに巻き、
お好みでゴルゴンゾーラor岩塩をつける贅沢な食べ方を教えて下さいました。

かのんが気に入った食べ方は、お肉をマッシュポテトに巻くシンプルなのが好みです。

sixアップルケーキ

Photo_19

秋映(アキバエ)という品種のリンゴを使ったケーキです。

リンゴをアップルブランデで溶き、焼きあがった後にアップルシロップをつけた生地。        
歓談中にもキッチンから生クリームを泡立てるシャカシャカとした音が聞こえてきました。作りたての生クリームは口溶けのよさは生地とベストマッチングしていました。

maple秋映の特徴maple∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

・若干酸味があるが、甘みと酸味のバランスがよいリンゴ

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

seven BIRTHDAY特典 shinebirthdayshine

Photo_20

お誕生日の人には、のような
バースデイプレートでお祝いをして下さいましたhappy01

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  当初の予定では、コースの中にオムライスも入っていましたが
  全員食べきれないので、断念しました。

   このように予算に合わせて、趣向を凝らしたメニューを提供して下さったので
  充実したディナーを過ごせ、感謝しています。
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

店 名:カフェレストラン GinGemBre(ジャンジャンブル)
住 所:大阪府高槻市松原町7-4
電 話:072ー674ー1919
アクセス:阪急電鉄 高槻市駅 徒歩10分

| コメント (2)

ガッツリビストロdeくいだおれ@ジャンジャンブル【その1】

食欲の秋をお皿の上で堪能した思い出のビストロをご紹介します。

約1年前、くいしんぼうな女子9人でGinGemBre(ジャンジャンブル)さんで、
ディナーを堪能した時の事ですrestaurant

ジャンジャンブル外観2

予約が取り難いお店として知られているビストロの名店だけあり、
幹事さんが2ヶ月前から予約をして下さったのです。
今でもタイミングが合わなくて、再訪でオムライスを食べる事ができていません。
今年が終わるまでには、食べに行くのが目標です。

店内は9人で満席になる大きさなので、貸切になりました

かのんは仕事の都合で途中から参加でしたが、
1品1品がボリュームがあるのに、お腹のキャパを忘れ、
苦しくなる程、食べ過ぎてしまいました。

美味だけでなく、旬の食材を満喫しながら、ボリューム&迫力満点です。
では、その模様をお伝えしましょう。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

one茸のマリネ&犬鳴豚のサラダ

Photo_10

マッシュルーム・きのこなど旬の素材と犬鳴山の豚肉が入ったサラダです。

twoサーモンとブロッコリーのグラタン

Photo_11

とても大きなサーモンがたくさん入っていました。

濃度がゆるいルーなので
ホワイトシチューのように見えますが、グラタンです。

three鮟鱇(アンコウ)海老・帆立のブイヤベース

Photo_13 

スープの赤い色が映えるかわいい茶色のルクルーゼで登場up
煮込み料理には最適なお鍋なので、
海鮮にスープの味がしっかりしみこんでいました。

Pb033810_2

スプーンですくっている瞬間から香りがフワッ~と漂いました。

Photo_15

ニンニクマヨネーズをスープにいれると、味に深みがでました。

Photo_14
このマヨネーズは、臭いが気になる人への配慮の為、
の別皿で出して下さった心配りが嬉しいですねheart04

fourハンバーグ

Photo_16

すご~いボリュームsign01 1個300g×3個 (5人分)登場sign01

ハンバーグって、1人あたりの通常サイズは100gが妥当なので
大きさだけで食べきれないと予想し、テイクアウトにしてもらう人もいました。

ハンバーグ断面

    手書きハート じゅわ~っと溢れる肉汁が最高 手書きハート 

maple肉汁を提供する為のシェフの工夫maple ∴・∴・∴・∴・∴・∴・

1、佐賀牛70% 黒毛和牛30%の割合にする           

2、モモ肉のミンチと和牛の脂をミンチをマシンにかける

3、油40%・肉60%のブレンドで作成  

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

熱く語って下さった伊藤シェフ。

ハンバーグもこちらの看板メニューのひとつになっている
理由がよ~くわかりました。

これだけでもお腹が大変苦しかったですが、続きは【その2】へ

| コメント (0)