吹田の研究

吹田をブランド化させる理由

かのん達は、でんでんの本業の都合でお引越しをする事になり、
とっても忙しい日々を送っています。
新居探しを通じて、いろんな事を知ってしまいました

これまで点と点でしか知らなかった事が、
1本の線になって結びつきました。

吹田がなぜブランド化をすすめているのかを、
さらに深く理解する事ができました。

情報提供を頂いた皆様・ご指導下さった先生方
ありがとうございました。

吹田の皆さんがHAPPYになる為に、恩返しを含めて、
その一部をご紹介しましょう

吹田の土地と農業

以前にもお伝えしたように、
吹田の土地の価格は、関西でも5本の指に入る高さです。

農地を持っている地主さんは、
農業と不動産業を兼業しているケースが多いです。

農地を建物や駐車場にしてしまったら、農地よりも高額な税金がかかります。
税金以外にも、修繕費などが膨大にかかってくるので、
節税対策の為に、農業をせざる終えない人もいます。

この為、この地域はそこそこ大きな戸建住宅(大家さん)と
マンション(家を借りる人)が立ち並んでいます。

また、ビルとビルの谷間に農地がある光景が多いのも、
吹田・江坂の特徴です。

また、農業は天候などで作物のできが左右され、
収入が不安定になるので、他の事業も兼業し生計を立てておられます。

そこで地主さん達は、吹田に住む事をブランド化し、
家主さん達の会で、大阪市内と比べて高めの家賃を相場にされているとか・・・

また、定期的に大家さんに初期費用が入りやすくなる学生さん向けや
転勤族の方用の賃貸物件が多い理由がなんとなくわかりました。

家主Aさんだけが大阪市内の相場にあわせた良心的な運営をしようとすると、
その会から目の敵にされるそうです。

不動産と同様、吹田産の農作物にも付加価値をつけ、高値で販売する為に
いろんな工夫?をされているそうです。

一例を申し上げますと、
一部の職員さんや利害関係者が補助金やスポンサー料を与えた
一部の農家さんに、法律でうたってはいけない食品偽装を行わせています。

食品表示をはじめ、事実と違うようにをうたわせ販売させます。

例:有機JAS認証を取得もせず、有機チェックもしないのに、
有機野菜と行政が言わせている農家があります。


吹田の農の実態を知らない市民の口コミやマスコミの広報力に頼り、
誤った噂を真実のように見せ、浸透させる事を待っているそうです。

そのような計画を練った一部の行政の職員さんや利害関係者は
何も関与していないようにみえます。

計画を練った一部の職員さん・ステークホルダーさんは、
その計画を実行した製造及び販売側や生産者が、
「市民やマスコミが勝手に言っている」
 「勝手にサービスを提供している」などと
責任転嫁をさせる事があります。

生産者・製造及び販売側と消費者の間でトラブルが発生したら、
その計画を実行した人達にも責任問題が発生します

また、社会的立場が高い人や影響力の大きな人が
虚偽の情報提供をした事に気付かず、
お店や事業所などがサービスの提供・販売をし、責任問題が発生したら
サービスを提供したお店や事業所が、景品表示法違反した事になります。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

幸いでんでんとかのんは、食品会社での勤務経験者の為
真実を見極める術を身につけているので、見極めた上で
食育イベントや漬物教室を運営しております

生産者・行政・教育機関・マスコミの情報だから信頼できると思い込まず
鵜呑みにすることなく、調べる事」がポイントです。

知らないって恐いですね
あなたのお店は大丈夫ですか?

 お問い合わせ先

大阪府環境農林水産部 流通対策室 食品表示グループ
06-6941-0351

| コメント (4)

梅&キウイのコンフィチュール作り@DILIPA千里

万博公園内の梅林探索後、 DILIPA千里さんで、
梅&キウイのコンフィチュールを作りました

   

コンフィチュール(Confiture)とは、ジャムのフランス語です。

ご指導くださったのは、吹田お菓子作り市民塾 元塾生 Fさんです。
今回は、梅の種を取らずにジャムにする方法のレシピを教えて頂きました。
ありがとうございました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

材 料

  

梅・・・800g 

キウイ(できればゴールデンキウイ)・・・2個半

三温糖・・・500g

水・・・400ml(4度に分けて使うので、200ml×1個 100ml×4個の入れ物で用意する)

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

準備

梅の軸を竹串で取り、
  水切りができるボールorざるに入れ、やさしく水洗いします。

キウイの皮を剥く

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

作り方

 梅の実が柔らかくなるまで煮る

01

  と水200mlをミキサーに、約5~10秒かける 

  にお鍋に入れ、蓋を閉め、約5分煮る
    ふきこぼれ&焦げ付きに注意する為に、時々混ぜる

 火を消し、三温糖500gを に入れる。その後、強火で三温糖を溶かす
     水分が蒸発しないように注意する事

02

 水100ml・片栗粉80gをミキサーに入れて混ぜて、片栗水を作る   
    片栗水として使用する直前に調合しないと、片栗粉が底に沈んだり、固まったりします

 を5~8回に分けて、に入れる

 ミキサーを洗う水50mlをミキサーに入れると段取りが良い 

 火を消してから、を4~8回に分けて、
    片栗粉が団子になっていないか確認しながら、鍋に入れる

  鍋に入れ終わってから、弱火で10秒~30秒混ぜながら煮る
    焦がさないように均等に混ぜる)

   03   

 粘りがでたら、火を消し、水分の蒸発しすぎないようにお鍋に蓋をする
     (水分を蒸発しすぎたら、ジャムがお餅のようになるので注意)

   04

熱が冷めてから、を瓶につめます。
    梅の種とジャムをわけながら取る事をおすすめします

      

       かのん作のラッピングです 

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 かのんのおすすめの食べ方

    
ボイルした明石の蛸と野菜のサラダの上にドレッシングとしてかける。   

  

食パン・うどん・鶏肉・肉じゃがの隠し味に

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

簡単にできておいしかったので、両親や近所の人にわけました。
保存料を使っていないので、今でもおうちで作っています               

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                  撮影掲載許可済

場   所:生活誕生館 DILIPA千里
住   所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
電   話:06-6878-8061
時   間:10:00~17:00
休館日:水曜日・年末年始
最寄駅:大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩3分

| コメント (0) | トラックバック (0)

梅林探索&ジャム作り@万博公園・梅林

吹田産の農産物といえば、吹田くわい・筍以外に、
あまり知られていませんが、実はもあるのです

Photo_14  Photo_15

そこで、2010年6月8日(火) 梅林がある万博公園へやってきました

万博自然文化園中央口をくぐり、太陽の広場を正面にし、
左を道なりに歩くと、梅林に到着します。

Photo_5 Photo_7 

まずは、梅林の見学


Photo_13 Photo_13  

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

梅林の中を歩いてみると、甘酸っぱい香りに包まれます

いろんな品種の梅の実が目を楽しませてくれました。
1部だけをご紹介します。

    八重唐梅         小  梅

Photo_9  Photo_7

     
     月  影           初 雁  

Photo_8 Photo_6 

          枝 垂 梅

Photo_12  

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 栽培方法

梅林の管理責任者様にお話を伺ってみました。

Photo_10

有機肥料(鶏糞他)と化成肥料を混ぜる事で、
梅の実に有機独特の臭いがつくのを軽減し、
梅の香りを大切にしています。

葉面散布(葉っぱの時に農薬を撒き、人間が食べる実には農薬を撒かない方法)
栽培されているので、環境と体に優しい栽培方法をされていました。

実際、カラスが梅の実を食べにきているのですから、
人間が食べても安心ですよね

Photo_4

無農薬野菜と勘違いされる方が多いけれど、
安心安全な栽培方法だということを実感しました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 食品に適している品種

Photo_11   

食品として相応しい品種は、白加賀(しらかが)・豊後(ぶんご)などが代表的です。
白加賀は中粒(約25~30g)・豊後は大粒(約30~40g)に、値します。

サッポロビールさんでは、「白加賀」という名前の梅酒があります。
詳細を知りたい方は、こちらをクリック

Photo_8 Photo

ちなみに非営利で管理・栽培している為、機械を使わず、手で採取します。
滑り止め軍手を着用されていましたよ
木をゆらして、梅の実を土の上に落としていないので
傷がつかないように慎重に取り扱われている事が、よ~く伝わってきました。

来園客は、梅の収穫を禁止されていますが、売店で買えますよ

Photo_16 Photo_9

安心・安全万博公園産 梅の実1kg300円

非営利だからこそ実現できる良心的な価格設定ですね
もちろん、かのんもお買い物しました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

梅林の中には、竹林や池もあり、リフレッシュできました。

Photo_14  Photo_15

梅林を探索の後、DILIPA千里さんの調理室へ向かいます

というのは、売店で販売している万博公園産・梅を使って、
お洒落なジャム作りにチャレンジします

 

  

作り方は、次のページへ               

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                  撮影掲載許可済

場   所:日本万国博覧会記念機構
住   所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
電   話:06-6877-7387
時   間:9:30~17:00
休館日:水曜日・年末年始
最寄駅:大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩5分


| コメント (0) | トラックバック (0)

【漬物講座講師★でんでん】 古代を味わう@浜屋敷

2010年5月16日  吹田市歴史文化まちづくりセンター浜屋敷様主催の
「古代を味わう」が開催されました。

浜屋敷様では、食事会のイベントは過去に何度も行われていましたが、
浜屋敷様が創設以来初めて、生徒様が調理を体感できるフードイベントを開催しました。



そのイベントの目的は、5月16日=旅の日にちなんで
食事を通して、現代から古来へタイムスリップです

今回は、古代に食べられていたお米・漬物・チーズを学習します。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

講師陣

この講座の講師は、上の写真の二人です。

左・・・福澤先生(紺の作務衣) 古代のチーズ「蘇」の講座担当
    歴史と文化の継承に務めて、いろんなものを作っています。

右・・・でんでん(緑の作務衣) 古代の漬物講座担当
    漬物職人歴20年のキャリアを活かした講座を務めました

2人共 作務衣姿が似合っていますね

今回は、生徒様が復習しやすいように、
身近なお店で揃えられる食材と道具で授業をすすめました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

              古代を味わう浜屋敷

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 開催の挨拶

Photo_5

挨拶:浜屋敷理事長 石橋様
    でんでんの紹介は、福澤様がして下さいました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 漬物の座学

Photo_6

画面をご覧頂きながら、漬物の歴史・概念・栄養素・などを講義しました。

ネットや本には掲載されていない知識や
でんでんの職人時代の経験談を交えている所が
興味深かったとお褒めの言葉を頂き、ありがとうございました

かのんは、漬物講座の座学で使われた映像と紙面の資料作成と
パワーポイントの操作を担当しました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

ーA 漬物作りの実習

今回は、飛鳥時代の漬物作りを体験して頂きました。

縄文時代から海水に浸した海草を干して焼く事で、
塩を作る技術があった一説があります。

Photo_7 Photo_9  

Photo_10  Photo_11 

飛鳥時代にポピュラーだった漬物は、塩漬けでした。

ちょっとしたコツと野菜を切って塩を入れた袋を
揉むだけでできる簡単で便利なので、
興味のある方はチャレンジしてみてくださいね

但し、食べる前に塩をお水で洗い流してくださいね。

                      

Photo_12

                      

上の画像は、生徒様の作品です

ご参加いただいた方は、ベテラン主婦様が多かったので
早速、今夜のおかずの1品にされるとの事でした。

今回は、ホームセンターや大型スーパーでも
買える容器で漬物を漬けました。

次回の授業では、本格的な容器で漬物を漬けます。
漬物は漬ける容器によって、味が変わってきます。
何が適切なのか、授業の中でお伝えします

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・ 

ーB 試食準備

・和食器

Photo_14

生徒様が漬物作りの実習を楽しまれている頃、
Hさんからご提供頂いたお膳を使って、盛り付けの準備がすすめられました。
ご協力ありがとうございました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 古代のチーズ「蘇」の講義

Photo_17 古代のチーズ「蘇」講師:福澤先生

講師の福澤さんが作成されたレシピを見ながら、
古代のチーズ『蘇』と生キャラメルのお話を頂きました。

P1017018 

古代のチーズ「蘇」とは・・・

飛鳥時代の貴族の食卓では、
真鯛・鮎・干し肉・古代のチーズ「蘇」など、海や山の幸が豪華に並んでいました。

Photo_20

         ↓デザートCLOSE UP

Photo_18

古代のチーズ『蘇』は、
飛鳥時代の貴族の食事の中でデザート感覚で楽しまれていました。

当時では、高級食材といわれていたので
口にする事ができたのは、宮廷人だけでした。

蘇を作成するポイントは、時間と根気が必要です。

完成するまでの時間は、牛乳を5~7時間も混ぜ合わせるとの事です。

その間、牛乳を焦がさず、沸騰させないように、
お鍋の前から目が離せないとおっしゃっていました。

味の感想は、チーズの味そのものがお口に広がり、私好みでした。

お口直しに、現代の話題のスイーツ@生キャラメルも作ってくださいました

Photo_19

このほのかな甘さから、懐かしい味がしました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 古代食の実食

                       

 Photo_13

                         

【古代米】

縄文時代に、日本に初めて伝わってきたお米は、
赤米(あかまい)』といわれています。

ビタミン・ミネラルが豊富な栄養素が含まれているお米です。

赤米だけで炊くと、現代人の味覚に合わないので、
白米とのブレンドで炊いてお召し上がりいただきました。

お祝いの席で食べる赤飯のルーツといわれている『赤米(あかまい)

なぜ、お祝いの時に赤飯を食べるかというと、
中国からの伝えでは、最強の霊力を持つとのことでした。

お米の色が、ほんのりピンクになっているのは、
赤米の色が白米に移っているからです。


【味噌汁】

鎌倉時代から味噌汁があるといわれている説がありますが、
実はよ~く調べてみると、それよりもっと昔の
飛鳥時代の役人の食事の一品では、
味噌汁が食卓に並んでいます。

ちなみにこの時代の庶民は、若布汁を飲むのが一般的でした。

漬 物

飛鳥時代の役人の食事の一品には、胡瓜の塩漬けが食卓に並んでいました。
講座開催3日前にでんでんが仕込んだ
古代の漬物と現代の漬物の食べ比べも楽しんでいただきました。

・浅漬け(現代の漬物)

 Photo_16

本来、大根は一度干してから、柔らかくするのが通常ですが、
生のまま鷹の爪、昆布、などを入れて、塩水で漬けてみました。

・糠漬け(現代の漬物)

Photo_15

江戸時代の頃よりポピュラーだった漬物は、糠漬けです。
野菜に甘みが出て、マイルドな味わいと好評でした。
お好みで醤油をかけてもOKです。

その事により、大根そのものの味を学習して頂く事が目的でした。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

現代にマッチした形で歴史と食文化をお届けしたフードイベントでした。
日本の伝統食の大切さと浪漫を感じていただけたのではないでしょうか。

参加いただいた皆様 ありがとうございました。
お陰様で無事終了する事ができました。

次回は、7月24日に開催します。

【放映】

 J:COM吹田 「浜屋敷便り」7月3日~4日 TV放映されました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

場   所:吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」

最寄駅:阪急電鉄 京都線 相川駅 下車 徒歩10分
     JR 吹田駅 下車 徒歩15分

住  所:大阪府吹田市南高浜町6-21

電  話:06-4860-9731

| コメント (2) | トラックバック (0)

5月1日より受付開始★古代を味わう@浜屋敷

5月16日 古代の食事を味わうイベントで、
元漬物職人歴20年のでんでんが講師を務めます。

そのポスターを浜屋敷のスタッフさんが作ってくださいました。
ありがとうございました

古代人が食べていた漬物作りを体験後、
古代米・古代のチーズ「蘇」もお膳で楽しめます。

ノスタルジックな雰囲気の中で、現代と古代を食事でタイムスリップし、
浪漫溢れる古代食を味わってみませんか?

皆様のご参加をお待ちしています。

Photo


題     名: 古 代 を 味 わ う
日     時: 2010年5月16日(日) 10:00~13:00 
場     所: 吹田文化歴史まちづくりセンター「浜屋敷」
アクセス:  阪急電鉄 京都線 相川駅下車
       JR吹田駅 下車 
持    物: エプロン・三角巾・包丁
講    師: でんでん
費    用: 1000円

主   催: 吹田歴史文化まちづくり協会 

【参加申し込み先】
5月1日土曜日から、吹田歴史文化まちづくり協会さんでのみで受付
住 所:吹田市南高浜町6-21
:06-4860-9731

| コメント (2)

第6回 神崎川畔さくらまつり 【その4】

さくらまつりでは、ECOでおしゃれな屋台ロハスイベントが昨年から始まりました。
かのんが市民研究員時代に、万博のロハスに出店したいけれど
いろんなハードルにつまづいている人がいる事を職員のNさんに話したら、
吹田市のイベントの中で実現をして下さいました ありがとうございました。
今回のこのイベント会場の責任者は、Nさんでした

ロハスイベント@高浜橋

 Photo_17 Photo_18  

 Photo_19  

自動車・テントで設営された飲食店・雑貨屋さん・
平野農園さんの吹田産野菜販売等・さまざまなお店が出店されていましたよ
注意:平野農園さんの野菜は、有機JAS認証を取得していないので
    有機野菜は表現する事は、法的に許されていません

ルール

ロハスがテーマなので、飲食店で使う食器は、オーダー価格に含まれ、
所定の窓口に食器を返すと代金が返金されるシステムです。

Photo_36 Photo_27

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

カフェたんぽぽ 

 Photo_22 Photo_21  


こちらのブースで、タンポポ珈琲と吹田くわいのケークサレを頂きながら、
一休みをする事にしました。

かのん達のブログをお読みいただいていると、
カフェたんぽぽのTさんが声を掛けて下さいました。
そして、少しお話ができて、嬉しかったです

このブログでいろんな事に気づいて下さったTさんが、
初めてのお菓子作りに、吹田くわいのケークサレを作ったそうです。

いろんな方のサポートがあったので、上手にできたとの事でした。

サポートをされた皆様とのチームワークが、
キラリと光っていましたので、好感が持てました。

東京に店舗を構えるケークサレの専門店 カフェ・ド・ヴェルサイユさんの
商品がヒットした事から、日本では、「ケークサレ」=「塩ケーキ」として
フランス語の直訳通りの意味で広まりつつありますが、
フランスでは、お惣菜として親しまれている家庭料理です。

作り方は、パウンドケーキとほとんど同じなので、
興味のある方は、チャレンジしてみてくださいね

吹田くわい保存会北村会長は、食べる前から
芽がでて、旬がすぎてしまった吹田くわいはえぐみが鋭くなるので、
食品としての本来の味が出せなくなっていると予想をされました。
旬の味VS旬が過ぎた4月の味を食べ比べしました。

吹田くわいのケークサレ実食by 吹田くわい保存会

4 Photo_24

ケークサレのふんわりとした生地と野菜の食感はよかったものの、
3人とも、旬の時と比べて、吹田くわいのえぐみを強く感じました
食べた後もお口の中と喉の奥にえぐみが残っている時間が長かったです。
会長が予想された吹田くわいの味は当たっていました

吹田市民でも吹田慈姑を食べたことがない人が多いので、
吹田くわいを細かく刻んで入れると、一般受けをする美味しさになると思います。

吹田くわいは、旬に食べるのが一番美味しいという結論がでました。

ゲランド塩と一言でいってもいろいろあるので、
セレクトを変えると、もっと本物のケークサレの味に近づいたと思います。

一緒に独自の香りのする タンポポ珈琲
たんぽぽの根を使っている事から、ノンカフェインの
ヘルシーなコーヒー風の飲み物です。

Photo_28  Photo_30

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

吹田くわいの本 吹田くわいの本

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

でんでん&かのんも執筆協力しました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

驚いたお店

江坂の創作フランス料理屋さんが、またこのブログをヒントにし
「吹田くわいバーガーと珈琲」を販売されていたので、驚きました

昨年、このブログで、えぐみを活かしたアイデア料理のヒントを公開していました。
食材は筍でしたが、えぐみの活かし方は共通している事から、
吹田くわいの調理にも応用ができます。

かのんがアンタルヤ高鍋さんに千里の筍を差し上げました。
「鹿児島牛と筍のバーガー」を作ってくださった模様をブログ上で公開しました。

メニュー考案を、他人の力やネットでアイデアを得て、
「創作フランス料理」と看板を掲げているお店は、
料理人としてのプライドはあるのでしょうか?

真実を見極めていた読売テレビさんの某番組では、
えぐみを活かしたバーガーの作者が
アンタルヤ高鍋さんである事をこのブログから知って頂いたので、
シェフの実力と著作権をメディアに正しい形で通す事ができました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

キッチンタブリエ

ロハスのテーマにぴったりな屋台雑穀米を使った創作丼で
メインのランチをしました

ボードの3種類のメニューの中から選択します。

       2_2

                   タンドリーチキン丼をオーダー

Photo Photo_3

鶏肉×雑穀×スパイシーなカレーだったので、疲労感が吹っ飛び元気になりました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

普段、川を4キロも散歩する事がなかったので、
とても新鮮で清々しい気分になった1日でした

| コメント (0)

第6回 神崎川畔さくらまつり 【その3】

いよいよ後半です。 

Photo_32
歩いているといろんな方と会い、立ち止まってお話をする事も多々ありました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

11、㈱千日総本社

Photo_16 Photo_15

厚焼き卵を作っている会社です。
大阪市東淀川区とは、徒歩1分で行ける距離に事業所があります。
地元の方は、大阪市東淀川区と吹田市の境目に近づいた事が、
卵の香りでわかるようになるとおっしゃっていました。


∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・



12、マロニー㈱



某所よりの依頼で、吹田漬物パンの試食を
かのん達が作った時にお世話になったマロニーさんもブースを出しておられました。
ご当地グルメ番組では、「マロニー大阪のシラタキ」と説明をされていました。

人数限定で麻婆マロニーの試食も実施されていましたが、
いろんな人にあったり、3人ともしゃべりながら歩いていたので、試食は終了でした。

Photo_13 Photo_14


店頭で見かけたことがない「焼マロニー」を発見!
日本ハムの中華名菜シリーズと同じような作り方なので、簡単・便利・
夕飯のおかずに買って帰りました。
社員のおすすめで、焼マロニーすき焼き炒めをGET

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

13、大幸薬品㈱



最終チェックポイントの大幸薬品さんの前で記念撮影です

記念品に石鹸をGETしました

Photo_25 Photo_20

  全てのスポットで、スタンプを押しました。

                              

    4_2
                            

 4キロ完歩 


∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

その4は、ロハス会場の模様を紹介します。


撮影掲載許可済

| コメント (0)

第6回 神崎川畔さくらまつり 【その2】

そぞろ歩きスタンプラリーは、次の13箇所のブースに立ち寄り
趣向を凝らした応援やプレゼントをご用意くださって、
ゴールまでの道のりを歩く参加者を応援して下さいます。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

1、豊田産業

Photo_2

               

                         

 Photo_3
                        

受付で、の用紙を頂き、STARTです

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

2、(有)サンプロジェクト

1 Photo   

このイベントを盛り上げる為に、休日出勤なさったそうです。
川岸の強い風で、寒い中、応援ありがとうございました

(有)サンプロジェクトさんは、食玩のストラップを作っている会社です。

を下さいました

 Photo_6

 

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

3、吹田マーヴィーズ

Photo_4  

アメリカンフットボールのユニフォームで迎えてくれました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

4、吹田自動車教習所

Photo_4  Photo_5

うまか棒&ボールペンを頂きました
ありがとうございました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

5、紀州製紙

Photo_5

テントに貼ってる「ガンバッテください」のPOPを見ると、
疲れが癒されました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

6、ダスキン

Photo_2

ハウスクリーニング&とミスタードーナツでおなじみですよね。
素敵な笑顔でご挨拶ありがとうございました
お掃除道具「シュシュ」のお試し券をGET!
おうちに帰ってから、申し込みました。

サービス業の鏡ですね

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

7、NEOMAXマテリアル

Photo Photo_2    

こちらでは、輪投げとキャンディでリフレッシュができます。
北村会長とかのんは、輪投げを楽しみました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

8、吹田ケーブルテレビジョン

 Photo_3

吹田ケーブルテレビ 市民レポーター18期に採用頂いた事で、
自分の世界が広がり、ご縁を頂く事ができ、とても感謝しています。

ZAQグッズのえんぴつと消しゴムをGET

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

9、吹田市生活環境保全課

Photo_7 Photo_12  

川の中で生活しているみじんこを電子顕微鏡で見ることができます。
夏祭りの前日に、EM菌を神崎川へ投げて、川を洗浄するイベントを開催します。
そのお祭りで実際に使われる物を展示していました。
自然の原理を再確認できました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

10、吹田市川面下水処理場



Photo_11 Photo_9

雨水→家庭用のお水にきれいにできる雨水タンク「雨音くん」や
パネル展示で下水道の役割や大切さをアピールされていました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

その3では、後半のスタンプポイントをご紹介します。

| コメント (0)

第6回 神崎川畔さくらまつり 【その1】

2010年4月3日土曜日 第6回 神崎川畔 さくらまつり が開催されました

Photo_39

澄み切った青空と七分咲きの桜の彩りを堪能しました。

今年は食べたり飲んだりのお花見ではなく、ヘルシーに
でんでんとかのんと吹田くわい保存会北村会長と3人で、
そぞろ歩きスタンプウォーク」へ参加しました。

かのんは、カメラで記録係をつとめました。

Photo_38

北村会長は、このコースの道である、「水鳥の道」の名付人です。

Photo_37



事業所や土地などを神崎川畔にお持ちでいらっしゃる北村会長がみてきた
街の移り変わりの歴史・戦争時の秘話を語って頂きながら、
楽しく歩くことが出来ました。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


 オープニングセレモニー

オープニングセレモニーのスタートは、榎木橋付近でした。

  Photo_35  Photo_34

榎木橋は、大阪市淀川区と吹田市を掛ける橋です。
お隣の淀川区は飛行機が住宅街の真上を低い位置で通っているのが、
神崎川畔から見ることができます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 余興

・オーケストラ

オーケストラの消防隊員さんの演奏は、この日に相応しいコブクロの「桜」を初め、
馴染みのある曲を発表されました。

P4036875

この日は風が強かったので、指揮者さんは、
洗濯ばさみや石で楽譜を抑えておられました。

Photo_20

演奏が1曲終わるたびに、敬礼をされました。

Photo_19

夜勤明けの方やこれから出勤の方もいらっしゃいますが、
素敵な音色を奏でていただきました。
お疲れ様でした。 

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

・ダンス

かのん達は、見学しているだけでも寒かったです。

披露をして下さる方の衣装がノースリーブだったので、
風の冷たさに震えながら待機をされていました。

Photo_28

ダンスタイムになると、寒さを感じさせず、元気に披露していただきました。

 Photo_25  Photo_26

          Photo_27

「いっしょにどうぞ」って掛け声をされるほど、ノリノリで踊っておられました。
踊っている方々の盛り上がりように、見学していた私達は少しためらってました

          Photo_23

この日の為に練習を重ねてこられたのが伝わってきました。
お疲れ様でした。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  挨 拶 

Photo_29 株式会社マロニー 河内社長

Photo_30 大阪府副知事 小河様  

 Photo_31    坂口善雄市長

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ルール説明

司会は、吹田ケーブルテレビ市民レポーター1期生&OG 
米井智華子さんと事務局長 橋本さんとマロニーさんです

Photo_18

そぞろ歩きスタンプウォークは、
スタート~ゴール:榎木橋~高浜橋まで 約4kmの距離を歩きます。

 Photo_21

コースの途中には、下記の13箇所のチェックポイントに立ち寄ります。
指定の用紙にスタンプを押し、景品GET、マロニーの試食、など楽しい体験ができます。

チェックポイント

1.豊田産業
㈲サンプロジェクト
3.吹田マーヴィーズ
4.吹田自動車教習所
5.紀州製紙㈱
6.㈱ダスキン 大阪中央工場
7.NEOMAXマテリアル
8.吹田ケーブルテレビジョン
9.吹田市生活環境保全課
10.吹田市川面下水処理場
11.㈱千日総本社

12.マロニー㈱
13.大幸薬品㈱

また、下の用紙がスタンプでいっぱいになったら、記念品もGETできます

 Photo_32

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

コースを歩いている模様は、その2でお伝えします。

                  【撮影掲載許可済】

| コメント (2)

【薮内流】初めてのお茶会★旧西尾家住宅

2010年3月28日 旧西尾家住宅にて、薮内流のお茶会が開催されました。
昨年12月8日に、大阪府で3件目の近年和風建築の重要文化財に指定されました。

Photo_11  Photo_12

こちらにかのん達は、吹田くわい関連やまち案内ツアーでお邪魔しています。

仙洞御料庄屋を務めた伝統と茶の湯の精神を感じるお屋敷
案内文にも記載されている、旧西尾家住宅の茶道の魅力をお伝えいたします。

昨今でお茶会というと、「大寄せ」といわれる
大勢のお客様を一斉に招いて、お茶とお菓子を楽しむ会が知られています。

今回お招き頂いたのは、限られたお客様だけで開催される
薮内流の正式なお茶会です。

素敵なきっかけを作って下さったS様 ありがとうございました

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

お屋敷に到着したら、筆ペンor毛筆を使用して署名をします。

Photo_13

達筆な字で書かれているお名前は、品行方正な方なのかもって、
想像を掻き立てられてしまいました。

お招き頂いたお客様は、かのんを含めて、7名でした。
でんでんは「六客」 かのんは「詰客」に名前を書く事になりました。

正式なお茶会で、「詰客」の欄に名前を書くと言う事が、
どんな役割だったのかを知ったのは、終わってからでした

お茶席に必要な扇子お懐紙を貸して下さいました。
桜の模様と色使いが春らしいですね

Photo_16

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                     

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 寄付(よりつき)

お茶会に招かれたお客様が、お茶席に入る前に、
和装の人は足袋・洋服の人は白い靴下に履き替えて身支度を整えます。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 会記(かいき)

Photo_14

別の呼び方は、茶会記(ちゃかいき)とも言います。

お茶席の中は、撮影禁止です。
その変わり、お茶席で使われる道具・お菓子・お花などの
記録を拝見させて頂けました。

専門用語が多いので、何を意味しているのか理解できない所があり、
困っていたら親切な方が解説をして下さいました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 腰掛待合

藁草履に履き替えます。趣があっていいですね
苔(こけ)むす庭に敷き詰められている石畳の上を歩きます。

2_7 3_3

お迎えの方がおみえになるまで、待合で待機します。


4_3

卍型の設計の座席になっている事から、
待っている間、他の方と目が合わないので、私語を慎め
厳粛な雰囲気を守る為に施された粋な匠の技の造りでした。

P3286887

待合に出入りする順番は、正客から詰客になります。
待合から出る時は、ざぶとんを壁に立ててから、外にでます。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 蹲(つくばい)

6_2

蹲(つくばい)で手を清めます。

蹲とは・・・

庭園に置かれている手水鉢に役石の事です。

お茶室に入る前に、お客様が這い蹲るように座って、
手を清めた事からいわれがあります

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

 お茶室 積翠庵 

お点前を頂くお茶室は、「積翠庵」です。


71_4 

積翠庵とは・・・

1893年築の京都の藪内流の家元のお茶室を再現して造られたお茶室です。

茶道薮内流家元の茶席燕庵(えんなん)と似ていて、
庭園の北側にあり雲脚席の写しを組み合わせたといわれています。

         外 観               お茶室の中

P6095425_2 Photo_15

                    (お茶室内の撮影日:2009年6月21日)

71_5  7_2

にじり口からお茶室に入ります。
前に脱いだ人の草履は、次に入る人が片付けます。

詰客のかのんは、パタン!と音を立てて、中の方に合図をする役割です。
音を立てて締めるのは、「全員入りましたよ。私で最後ですよ」との意味です。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

         お茶席の中は、撮影禁止です

ここからは文字だけのお伝えになります。
お茶を点てたり、炉に炭をつぐ「お点前さん」は着物姿の男性でした。

主菓子・・・上用饅頭
     

   抹 茶

     

干菓子・・・「団子」・「蝶」の2品
     

   抹 茶


ほのかな甘味と春を感じるお菓子でした。

お道具類は、膳所焼・ペルシャ陶器など大変高価なものばかりで、
描かれた絵柄から、春を見つける事ができました

やさしくて知識が豊富な方ばかりだったので、
作法や心得がない私を温かくご指導下さったお陰で、
和やかに会を終えることが出来ました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

お茶のソムリエ・マイスター・アドバイザー・・・などと名乗り、
注目を集める事がブームになっている中、
時代が変わっても、幅広い層に、茶道が支持をされている理由が理解できました。

初めての茶道で、正式なお茶会の参加にお招き頂き、
サービスの本質を再確認でき、心から感謝をしています。

茶道を長年嗜まれている方は、
「招く側が招いた人(お客様)に粗相をさせない様に導くのも招く側の役割である。」
と私達の至らなかった所を指摘せず、謝罪をされました。
寛大なお言葉をおっしゃっり、少しウルっときました

茶道の古き良き伝統を守り、未来の子供達にも伝えていきたいと思いました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

場 所:旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)
住  所:大阪府吹田市内本町2-15-11
電  話:06-6381-0001
最寄駅:JR・阪急 吹田駅 徒歩10分

| コメント (2)

より以前の記事一覧