« パーソナルサポーター科の訓練と就職事情【その1】 | トップページ | 欧米カレー&燻製@山の底 »

パーソナルサポーター科の訓練と就職状況【その2】

2011年9月上旬、かのんはすでに就職先が決まっていました。

講師が授業をしない時間は、
就職活動の準備などで、履歴書や職務経歴書を作成したり
ハローワークへ行って、求人の紹介状をもらいに行く為に
時間を優先させる。


そんな、当たり前の権利が、解禁されたのは、
キャリアコンサルタントの受験合格者発表後だった
9月初旬の事でした。

講師が講義をしない就職の為の選考実習の時間
本当の意味で自分の将来の為に、
時間を有効に使えるようになりました。

ちなみに、キャリアコンサルタントの受験資格を満たしていたのは、
29人中4人だけでした。

残りの20人は、その4人の合格者発表の日まで、
就職活動を控えている人が多かったです。

受験要件を満たさない残りの約20人は、
相談支援業務・心理職に就ける保障はありません。

キャリアコンサルタントの合格者よりも
不利な状況で就職活動をする現実に気づかず
他の戦略を立てて行動しようとしている人が少なかったのです。

経験という土壌ができていないのに、
訓練や勉強という肥料だけで、未経験の職種に就く事に拘り、
夢を追う事で、長期化した失業状態になる可能性が高いのです。

訓練終了後、経済的な事情や家庭の事情などで、
時間を掛けて就職活動ができない人がいます。

そんな事情があって意欲的に就職活動をしている人に対して、
「(不安な気持ちはみんな)同じやん!
なぜ皆より早く就職活動をするのか」という発言をしていました。

訓練前の経歴や長所を活かして、
就職活動を他の人より早めにしなくてはいけない事情のある人を
後ろめたい気分にさせたり、プレッシャーを与えて、
足を引っ張る人もいましたcoldsweats02

その訓練生の発言には、
「同じ立場(基金訓練生・クラスメイト)として」に続く言葉を
「正論」のように語り始めていました。

同じ空間で同じ勉強をしているだけで、
日本人独特のスキーマーにより、冷静さを失って、
「みんな同じ」という意識になるんですねtyphoon

同じ基金訓練生でクラスメイトだから、
わかりあえることもあれば、わかりあえない事もあります。

個々の状況が違う事を理解せずに、
何もかもが「同じ」と思ってしまう人の
価値観を押し付けられて、すごくしんどい思いをしていました。

そのように発言した訓練生には
個々の事情の違いや痛みや苦しみが
伝わらなかったのかと残念に思います。

このような意識を持った人達が、心理職・相談業務・支援者として
社会に羽ばたいていくのですねsweat01

そんな中でも、自分にとって守るべきものを大切にし
外野の声にぶれずにいれたので、目標を達成できましたshinecrownshine

それと同時に、相談業務・支援者・心理職を目指して
心理学・カウンセリングなどの勉強を600時間も
この半年間、勉強をした人物の仕上がり像の中には、
いろんな人がいる現実を噛み締めて
生きていかなければいけない事が、私の課題です。

flag就職状況(訓練終了日までのカウント)
パーソナルサポーター科2期生で
2010年9月末までに訓練終了後の仕事が決まったのは、
29人中約10人でした
(内キャリアコンサルタント合格者は、4名中2名が仕事に就く事が決まりました)

自分のスタンダードを取り戻すまでに、少し時間がかかってしまいました。
こんな感じで、ブログの更新がなかなかできなくてごめんなさい。


« パーソナルサポーター科の訓練と就職事情【その1】 | トップページ | 欧米カレー&燻製@山の底 »

パーソナルサポーター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パーソナルサポーター科の訓練と就職事情【その1】 | トップページ | 欧米カレー&燻製@山の底 »