« 【キトサン農法】 梅酒がうめー!【紀州 南高梅】 | トップページ | なにわの伝統野菜★吹田くわいのバケツ栽培【2010.7】 »

【漬物職人歴20年 でんでん】歴史&なにわの伝統野菜の漬物教室@浜屋敷【2010.7.24】

2010年7月24日 かのん&ロゼ子ちゃんは、夫のでんでんが主宰の
歴史&なにわの伝統野菜の漬物教室のお手伝いをしましたshine

Photo

開催場所は、浜屋敷さんです。
江戸時代の庄屋屋敷そのもので、和の雰囲気が漂う外観です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

歴史&なにわの伝統野菜の漬物教室の主宰は、夫のでんでんです。
フードエンターティナーの活動にあたります。

        flair 授 業  の 準 備 中 flair

Photo_2

       flair 授  業  の 準 備 中 flair

定時制高校に通学しながら、なにわの伝統野菜の漬物職人として、
食品会社で20年間勤務してきました。

漬物職人時代のでんでんの手は、ごつごつしていて
手のひらにマメがたくさんあり、野菜のトゲが刺さっている事が日常茶飯事でした。

ところが、勤務先の倒産の為、違う職種で働く事になった事がきっかけで、
お休みの日に、なにわの伝統野菜や漬物の啓蒙活動をしています。

本業の職種がデスクワークになり、きれいな手に変わってしまいました。

Photo_3

これまで過去2回、漬物イベントをさせて頂きましたが、
内容がパワーアップしたので、漬物教室と呼ぶ方がしっくりくると、
おっしゃって頂けるようになりましたhappy01

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

flag過去2回の漬物イベントflag

第1回 美味食感!パン&漬物のマリアージュ
第2回 古代を味わう

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

今回のテーマは・・・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    shine 江戸時代へタイムスリップ shine

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

one 座 学

なにわの伝統野菜の講義のテーマは、毛馬胡瓜でした。

2010072410280003

吹田市以外でも探した甲斐があり、
非常に状態が良い毛馬胡瓜を開催する事ができました。

スクリーンをご覧頂きながら、江戸時代の食文化・食の安全・
有機野菜などバラエティ豊かな内容をお伝えしました。

Photo_4

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・ 

two 味 覚

スライスしただけのなにわの伝統野菜毛馬胡瓜を召し上がって頂きました。

Photo_6

毛馬胡瓜を取り分けるお皿は、
和食と相性が良い食器で召し上がって頂きました。

Photo_7 

普通の胡瓜との違いをご理解いただけたでしょうかdeliciousheart04

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・ 

three Myぬか床作り&毛馬胡瓜のぬか漬け作り

Photo_12

でんでんの指導の下、化学調味料を一切使用しない材料を使って
おひとりおひとりの好みに合ったMyぬか床を作ります。

Photo_8 Photo_9

ぬかを触る事に抵抗ある方の為に
ゴム手袋を用意しましたが、どなたも利用されませんでした。

というのは、授業の中でお伝えした、
ぬかの美肌効果を実践されたからだったのです。

shineなんだか手がツルツルになったshineとの声もありました。

毛馬胡瓜をMyぬか床に漬けて、お持ち帰り頂きました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・ 

four 試食タイム

tulip 会場セッティング

H様が寄贈した大切な宗和本膳と八十碗をお借りして
江戸時代の食事のスタイルを再現しましたshine

お膳のセッティングは、ロゼ子ちゃんのアドバイスの下、
かのんも手伝いました。

Photo_19 

ロゼ子ちゃんに折り紙で箸袋を作ってほしいheart04ってお願いしたら、
1枚の千代紙だけで白と柄のバランスがよい
素敵な箸袋を提供してくれましたshine

Photo_20

ロゼ子ちゃんがアレンジしてくれたお花で、生徒様をお迎えしましたheart04

Photo_21

何もなかった空間に華を添えてくれました heart04

お陰で、素敵な食空間を提供する事ができました。
ご協力ありがとうございましたnote

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tulip メニュー

テーマは、江戸時代の朝食の再現です。

・漬物

Photo_13

胡瓜の漬物の食べ比べを楽しんでいただきましたup

毛馬胡瓜(なにわの伝統野菜)VS 有機野菜(有機JAS認証取得確認済)
同じ糠漬けでも、食感・お味・香りが随分違いますよshine

でんでんの手作業で作られた漬物ですnote

食事中の撮影ができなかったので、
事前に撮影した画像でメニューをご紹介します。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

・ご 飯
      
なにわの伝統野菜碓井エンドウ豆の玄米ご飯

Photo_15

お豆さんは、大阪府羽曳野産です。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

・デザート

象屋の抹茶のカステラ

Photo_18

江戸時代のスイーツの代表作です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

たかが漬物・されど漬物・奥が深~いのですhappy01

漬物職人歴が長いでんでんだからこそお届けできる
匠の漬物教室をサポートしていこうと思います。

ロゼ子ちゃん・協力してくれた皆さん・ありがとうございましたheart04

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

flag 次回のお知らせ

Photo_22

日時:8月23日(月)13:00~16:30
場所:DILIPA千里

詳細はこちらをクリック

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

場   所 吹田文化歴史まちづくりセンター「浜屋敷」

住  所 :大阪府吹田市南高浜町6-21

T  E  L :06-4860-9731

アクセス阪急電鉄 京都線 相川駅下車徒歩10分  
      JR吹田駅下車 徒歩15分


« 【キトサン農法】 梅酒がうめー!【紀州 南高梅】 | トップページ | なにわの伝統野菜★吹田くわいのバケツ栽培【2010.7】 »

なにわの伝統野菜」カテゴリの記事

グルメ★吹田」カテゴリの記事

COOKING」カテゴリの記事

DIARY」カテゴリの記事

コメント

ziziさん

先日は楽しかったですね★
生地を捏ねる作業はパンと漬物は似ていますよね^^
ちょっと違う所があるので、今度お教えしますね。
では、楽しいバカンスをお過ごし下さいませ。

投稿: かのん | 2010年7月30日 (金) 00:46

吹田ぼ~い様

漬物と合うお酒は、種類によって違いますよ(*^-^*)

裏方を吹田ぼ~いさんが手伝ってくれて
私は裏方の仕事をしなくてもいいのであれば
和服でお酌もありかと思います。


胡瓜は毛馬胡瓜の方が好評でした。

投稿: かのん | 2010年7月30日 (金) 00:43

ロゼ子様

こんばんは。
先日は大変助かりました。

運営側の仕事が初めてとは思えないくらい、
戦力として活躍頂き、主人も一緒にできてよかったと
喜んでおります。

私達こそ行き届かない点があったかもしれませんが
また、よろしくお願いします。

投稿: かのん | 2010年7月30日 (金) 00:33

家族旅行で四国に来てます。ホテルからネットやってます。ベーグル作りの時は長居してすみませんでした。でんでんさんが捏ねてくれた生地は弾力がでてました。ぬかづけとパンをねるのは似てるんですか?

投稿: zizi | 2010年7月29日 (木) 00:20

行けなくて残念です 漬物といえばやっぱり吟醸酒と合うのでしょうか
きゅうりが毛馬のも有機のも凄くおいしそうに見えます・・・

浜屋敷と程よくマッチングしていて・・そこで和服のかのんさんにお酌をしてもらったら・・・

いいなぁ~~~

投稿: 吹田ぼ~い | 2010年7月28日 (水) 22:18

こんにちは。

前日はイベントのお手伝いにお声がけ頂きありがとうございました。
イベントの運営側に立つことは初めてで、行き届かなかった点があったかと思いますが、
とても貴重な経験となりました。ありがとうございました。

(こちらのブログもリンクさせて頂きますね)

投稿: ロゼ子 | 2010年7月28日 (水) 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490361/35926365

この記事へのトラックバック一覧です: 【漬物職人歴20年 でんでん】歴史&なにわの伝統野菜の漬物教室@浜屋敷【2010.7.24】:

« 【キトサン農法】 梅酒がうめー!【紀州 南高梅】 | トップページ | なにわの伝統野菜★吹田くわいのバケツ栽培【2010.7】 »