« 梅林探索&ジャム作り@万博公園・梅林 | トップページ | なにわの伝統野菜★吹田くわいのバケツ栽培【2010.6】 »

梅&キウイのコンフィチュール作り@DILIPA千里

万博公園内の梅林探索後、 DILIPA千里さんで、
梅&キウイのコンフィチュールを作りましたnotes

   

コンフィチュール(Confiture)とは、ジャムのフランス語です。

ご指導くださったのは、吹田お菓子作り市民塾 元塾生 Fさんです。
今回は、梅の種を取らずにジャムにする方法のレシピを教えて頂きました。
ありがとうございましたheart04

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

tulip材 料

  

梅・・・800g 

キウイ(できればゴールデンキウイ)・・・2個半

三温糖・・・500g

水・・・400ml(4度に分けて使うので、200ml×1個 100ml×4個の入れ物で用意する)

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

tulip準備

one梅の軸を竹串で取り、
  水切りができるボールorざるに入れ、やさしく水洗いします。

twoキウイの皮を剥く

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

tulip作り方

one 梅の実が柔らかくなるまで煮る

01

two one と水200mlをミキサーに、約5~10秒かける 

three  twoone にお鍋に入れ、蓋を閉め、約5分煮る
    ふきこぼれ&焦げ付きに注意する為に、時々混ぜる

four 火を消し、三温糖500gを threeに入れる。その後、強火で三温糖を溶かす
     水分が蒸発しないように注意する事

02

five 水100ml・片栗粉80gをミキサーに入れて混ぜて、片栗水を作る   
    片栗水として使用する直前に調合しないと、片栗粉が底に沈んだり、固まったりします

six fiveを5~8回に分けて、threeに入れる

seven ミキサーを洗う水50mlをミキサーに入れると段取りが良い 

eight 火を消してから、sixを4~8回に分けて、
    片栗粉が団子になっていないか確認しながら、鍋に入れる

  鍋に入れ終わってから、弱火で10秒~30秒混ぜながら煮る
    焦がさないように均等に混ぜる)

   03   

nine 粘りがでたら、火を消し、水分の蒸発しすぎないようにお鍋に蓋をする
     (水分を蒸発しすぎたら、ジャムがお餅のようになるので注意)

   04

onezero 熱が冷めてから、nineを瓶につめます。
    梅の種とジャムをわけながら取る事をおすすめしますheart04

      

     shinepresent shine かのん作のラッピングです shinepresentshine

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

tulip かのんのおすすめの食べ方restaurant

    
one ボイルした明石の蛸と野菜のサラダの上にドレッシングとしてかける。   

  

two 食パン・うどん・鶏肉・肉じゃがの隠し味にsmileheart04

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

簡単にできておいしかったので、両親や近所の人にわけました。
保存料を使っていないので、今でもおうちで作っていますheart04               

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                  撮影掲載許可済

場   所:生活誕生館 DILIPA千里
住   所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
電   話:06-6878-8061
時   間:10:00~17:00
休館日:水曜日・年末年始
最寄駅:大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩3分


« 梅林探索&ジャム作り@万博公園・梅林 | トップページ | なにわの伝統野菜★吹田くわいのバケツ栽培【2010.6】 »

吹田の研究」カテゴリの記事

COOKING」カテゴリの記事

DIARY」カテゴリの記事

FOOD&FARM(食農)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490361/35699644

この記事へのトラックバック一覧です: 梅&キウイのコンフィチュール作り@DILIPA千里:

« 梅林探索&ジャム作り@万博公園・梅林 | トップページ | なにわの伝統野菜★吹田くわいのバケツ栽培【2010.6】 »