« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

パティスリー・シロ・デラブル★1周年おめでとう!

2009年6月10日 オープン当初からリアルとネットで応援し続けてきた
シロデラブルさんが1周年を迎えましたshine

お祝いの意味も込めて、大好きなロールケーキ@みひろを買いに行きましたheart04

Photo

tulip みひろの特徴

カナダ・ケベック州のメイプルシロップを使用した天然の甘みが特徴です。
蜂蜜の約20倍のカルシウム・カリウム・ミネラルが含んでいます。
上白糖よりカロリーが控えめなので、ヘルシーな所も気に入っていますdelicious

1年経っても飽きる事無いお味なので、自信を持っておすすめできるスイーツですheart04

1周年記念の初日は、雨にも係らず店内は、大勢の方で賑っていました。
玄関口では、オーナーパティシエの浅田 志朗さんがお出迎え!


1000円以上お買い求めの方には、焼菓子セットをプレゼントがありましたpresent

 shine            shine            shine       

  Photo_9

shine       shine        shine 

ブログのお友達でお菓子作りが得意なUさんも
絶賛な 5種類の焼菓子 だったので、すご~くうれしかったですheart04  

Photo_2 → Photo_3 

箱の中には、感謝のお手紙が入っていました!

tulip 焼菓子   

one フィナンシェ

Photo_4  Photo_6

two クッキー

Photo_8 Photo_7

threeバウンドケーキ

Photo_5 

5つともいただきましたが、一番気に入ったのは
オレンジが入ったパウンドケーキがGOODでした。

ギフトに贈ると喜ばれそうな商品ですねcake

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

シロデラブルさんが、今のように人気店になるまでには、
夫と2人でネット上での販売促進活動を定期的にさせて頂いておりました。

今では、かのん達が書かなくても、いろんなメディアやブロガーさんが
商品の良さに共感し、紹介されている状況なのです。

オープンしてたった1年で、百貨店のイベント出店・雑誌掲載・・・絶好調です。

こうしてシロデラブルさんが有名になっていく喜びを噛み締め、
販促活動をお手伝いさせて頂き、非常にヤリガイがありましたcrown

技術面は五感のDNAサービス面は梅田阪急で培った経験があったからこそ
江坂を代表する人気店に昇り詰める事が出来たのだと実感しています。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

オーナーパティシエの浅田志朗さんのご兄弟には
五感の社長さんと市役所の職員さんもいらっしゃいます。

そんな事から、吹田市役所のある部署の女性は、
浅田さんをGOKOKUの弟さんと勘違いをして、
「吹田スマイル地域商品券の導入をしてほしい」とご兄弟の方を通して、
依頼されたそうです。

江坂に第1号店があるGOKOKU五感(GOKAN)の勘違いがきっかけで
お店にとっては決して得になるとは限らないサービスを導入する事になりました。
失礼だと怒り出してもおかしくない事ですが、
快く対応された浅田さんの寛大な人間性が素敵に思えました。


吹田スマイル地域商品券とは

定額給付金が給付された頃に10%プレミア付のお得な商品券です。

1人5万円まで買うことができたので、
売上開始から3日以内で完売するほど好評ぶりでした。

Photo

消費者側のメリット

5000円で5,500円分の商品券がお買い物ができます。
この券の有効期限は、2009年9月末までです。

お店側のメリット

吹田市が自店だけを宣伝してもらえるわけではないので、メリットがあるとは限りません。
この券の売上金は全額換金されるわけではありません。

売上金の1割程度は、国や市にロイヤリティ料になり、
残りの金額が、売上として振り込まれる事になります。

このサービスを導入しているお店って、公共心があるんだなって実感しました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

店 名:パティスリー・シロ・デラブル
住 所:大阪府吹田市江の木町5-3 レーベンハウス江坂1階
電 話:06-6387-3715

| コメント (4)

歴史と文化が香る★吹田くわい見学ツアー@浜屋敷

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

浜屋敷(吹田歴史文化まちづくりセンター)

P5045116

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

GW中にお伺いして以来、何度か打合せや会議などで利用している
かのんのお気に入りのスポットですheart04

身体障害者用トイレ・駐車場があり、
ノーマライゼーションを意識した人に優しい建物です。

P5045115
 

建物の中では、江戸時代の古民家にタイムスリップした気分になれますnotes

 かまど(へっつい)          庭園   

Photo_2 P5025089.JPG

・中庭             

P5025090 浜屋敷母屋.JPG

地車(だんじり)の展示庫

 P5025096  P5025093_2

でんでんの身長168センチを超える高さです。

吹田くわいの成長@浜屋敷bud

浜屋敷さんのグリーンボランティアさんが、吹田慈姑の植付→管理されています。

tulip2009年5月2日            


0502 

 約1ヶ月で、先が尖がった矢じりのような葉っぱが生えて来ましたbud

tulip2009年6月9日

2009060901 2009060902  


このように農園などの土地をお持ちでなくても、
吹田くわいはご家庭でも植える事ができますよnotes

一例を申し上げますと、
数年前、吹田くわいの成長日記にチャレンジされた模様が
SUTV「ウィークリー吹田」の番組内で過去に放映されました。

かのんの先輩レポーターWさんがチャレンジし、
白くて可愛いお花を咲かせる事へ成功していますshine

また、吹田市民の方はご存知の方も多いと思いますが
吹田産業フェアでも、吹田慈姑の苗を期間限定で無料配布しています。
この配布は、吹田くわい保存会 会員 辻本 武志さんが担当しました。

吹田くわいの育て方にお困りの方は、
浜屋敷さんを初め、旧西尾家住宅さんでも教えて頂けるサポート体制もあるので、
家庭菜園に興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

住  所:大阪府吹田市南高浜町6-21
電  話:06-4860-9731
最寄駅:JR吹田駅 徒歩15分 阪急京都線 相川駅徒歩10分

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

吹田くわいの本―なにわの伝統野菜 Book 吹田くわいの本―なにわの伝統野菜

販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する 

                 撮影掲載許可済

| コメント (0)

歴史と文化が香る★吹田くわい見学ツアー@旧西尾家住宅

2009年6月に入って、吹田くわいが青々としたたくましい葉っぱが芽生えています。
成長している姿が公共施設や川辺で見かけるようになりましたbud

吹田くわいを栽培している平野農園さんでは、
新型インフルエンザ発生の拡大を防ぐ為、
植付のお手伝いに来て下さる学生さん達の事を考慮して
2009年度は、去年より約2週間遅い6月7日に植付を完了されました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

さて今回は、すいた環境学習協会 まち組 吹田ぼ~いさんが、
吹田くわいの栽培に協力されている歴史と趣の施設を案内して頂きました。

最寄駅から徒歩圏内なので、アクセスが便利な情緒溢れる建物です。

アサヒビール工場見学beerがてら、吹田の歴史と文化を堪能できるスポットを2件
ご紹介します。

吹田ぼ~いさん ありがとうございましたwinkshine

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

P6095422

こちらの施設には、吹田くわいを学術的に紹介した
植物分類学者 牧野 富太郎さんも、こちらによくお越しになったそうです。
というのも、当時こちらに住んでいた12代西尾 與右衛門(にしお よえもん)さんと
牧野博士は親交があったからと言われています。

そんな事から毎年吹田くわいの苗の無料配布を期間限定で実施し
一般家庭でも育てる事ができる環境を普及頂いています。

エントランスには、大阪へ出張した美食家が江戸へ帰ったときに
吹田くわいの美味を思い出して綴ったおなじみの詩が額に入れて飾っていました。

P6095420

吹田くわいの成長@旧西尾家住宅bud tulip2009年6月9日

名残があることから吹田くわいを栽培しています。

P6095428 P6095433_2

吹田慈姑があると、蚊が多く発生します。
来客者が蚊にさされて不愉快な思いをしないように
水の中に金魚メダカをに入れ、
ボウフラを食べさせる方法で栽培されています。


 P6095434  P6095431

施設内を快適に見学ができる環境を整えてくださっている
ホスピタリティ精神がとても素敵ですshine

吹田くわいの芋を収穫→販売や食べる事よりも、
植物としての美しさを追求され、観賞用として誇りを持って栽培されている
館長 芝本さんと佐藤さんのポリシーはとても新鮮で好感が持てましたshine

なお植付は、吹田くわい保存会 会員 岡本 紀夫さんが担当しました。

施設の中

茶道薮内家の指導となる茶室・水門(河から舟が出入りしていた扉)庭園など
魅惑のスポットを求めて見学客が来られる由緒正しき建物です。

P6095425 P6095424

P6095436  P6095437

・壊された温室

 
牧野博士が訪れた時には、よく利用していた温室の跡です。

こちらは、ガラス張りの温室でした。
戦争中にガラス張りの建物は非常に目立つので、
爆撃の被害にあわないようにする為に取り壊されました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

住  所:大阪府吹田市内本町2-15-11
電  話:06-6381-0001
最寄駅:JR・阪急 吹田駅 徒歩10分
     
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

| コメント (4) | トラックバック (0)

まちづくり市民塾de恩返しプレゼン@吹田市役所

かのんは、昨年に引き続き、恩返しプランのプレゼンを実施しました。

チャレンジしたのは、「まちづくり市民塾」です。

P5305353

この制度に合格すれば、合格者が塾長となり、主催する塾を開催できます。

この1年の間に、去年合格した塾の塾長さん達が
かのん達が企画していた事を既に始めている塾もあったので、
かぶらない所だけにテーマを絞りました。

今度こそ合格したかったので、プレゼン資料を開催2時間前まで練り直し、
徹夜のままでプレゼンに挑みました。

今回はでんでんもプレゼンを手伝ってくれました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

「おなかが吹田!くいだおれナビゲーター塾」と題した
吹田に特化したグルメ案内人の養成所です。

P5305356 P5305354

「グルメオフ会」や「○○と行くグルメツアー」との違いは、
福祉、ホスピタリティ、歴史・・・
さまざまなカリキュラムの座学と実技に合格した人だけが
くいだおれナビゲーターとして活躍できる塾を発表しました。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

去年に引き続き、残念な結果でしたが、
違った形でお世話になった方へ恩返しができればいいなって思っていますnotes

| コメント (0)

五感で学ぶ食育@神戸スイーツガーデン【その3】

さあ BBQタイムです。

先程、収穫した野菜を調理して食べます。

波々伯部さんが、用意して下さったお野菜やお肉を頂きながら
楽しい時間を過ごしましたflair

tulipBBQ

・スタッフの皆さんや用意した・ビール・ワイン・ソフトドリンク

・キャンティクラシコ@イタリアワインwine

Docg Photo

格付・・・shineDOCGshine(最高級クラス)

他にもたくさんのフランスワイン・ビール・ソフトドリンクがありました。

tulip収穫したお野菜

Bbq   P5105237 

tulip差し入れ

参加者の方はそれぞれお気に入りの食材や
お手製のスイーツをお持ちになり、新発見がありました。

参加者の中には、某有名店でパティシエとして活躍されていた方や
フランス料理修業中の方によるスイーツをお持ちになり、
本領を発揮されておりました。

・地元の野菜たちや牛肉by波々伯部さん

Photo_3

・フルーツトマトのサラダby大阪食文化研究所 森田さん

P5105275

甘くて瑞々しいトマトは大人気であっというまに売り切れでしたdelicious

・柏原ワインbyでんでんwine

Photo_2 

でんでんの生まれ育った故郷大阪府柏原市の果実酒です。

・木積の筍ご飯@大阪・貝塚産byかのん

ミル・ヴィラージュ 渡辺シェフから頂いた筍を使って
筍ご飯を焚き、お持ちしました。

Takenokogohan1

吹田の筍と比べて、味の違いはさほど変わりがありませんが
若干シャキッとした食感が感じられました。

渡辺シェフありがとうshine

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・

参加者の皆さんは、何かしら食の勤務経験がある方がほとんどでした。

机の上で学習するだけで資格を取得した方の食の講師業や
セミナーをされている方の授業を聞く事は社会勉強にはなるけれど
実践するまでにはいろんな工夫が必要でした。

今回は 現場で食に纏わる仕事をしている方が集まると
質の高い情報交換になるんだなって実感しました。

いろんな絡みや事情があって、これまであまり人に言わなかった
仕事の経歴は、宝物だった事に気づきました。

このような機会を設けてくれた 波々伯部さん・
大阪食文化研究所の森田さん スタッフの皆さん
本業と両立しながらだったので準備が大変だったと思いますが、
ありがとうございました。

野菜だけでなく、「気づき」もたくさん収穫できた、有意義なイベントでしたheart02

| コメント (3)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »